買い物支援『やまぐちの孝行息子』実証実験スタート

山口も~やっこ地域力協議会では、1月13日から3月17日までの毎週水曜日10時から15時まで、買い物に行く手段に困っている地域のお母さんを地域のボランティアが自らが所有する乗用車で、地域外のスーパーマーケットへ買い物に連れていくシステムの実証実験を行っている。

このシステムは、1日に3台を配車し、地域外のスーパー3店舗に利用者を移送しています。1日の利用定員は、最大で33名としています。

現在愛知県は、新型コロナウィルスの拡大防止措置とする緊急事態宣言が出されている状況ではありますが、高齢者の生活に直結する問題のため、マスク、消毒、換気を励行しながら、続ける予定です。

 

初回1月13日は、6名のお母さんをお運びし、第2回目の1月20日は9名のお母さんが乗られました。(今のところお父さんは参加なし)

徐々に参加していただける方が増えています。チラシや口コミでの広報効果が出ているのかもしれません。周りからも応援の声が聞こえ、地域がこの制度を受け入れてくれるのを肌で感じています。ボランティアメンバーも段々と楽しくなってきた様子、ドライバーの新規参加表明もチラホラ・・・。

※「やまぐちの孝行息子」のネーミングは親孝行の一環として、実施していることを表しています。

さて、3月17日には実証実験最終となり、その後この実験の総括、継続判定のため、3か月ほどシステムを休止し、再組み立てし6月中旬に再開したいと考えています。(買い物支援プロジェクト事務局)

お問い合わせは 山口連区自治会 担当昌彦まで

コメント

タイトルとURLをコピーしました